京都市伏見区の京阪電鉄藤森駅近くにあるカフェレストラン「ポポロヒロバ」が、6月5日限りで閉店する。約400種類にものぼるユニークでバラエティーに富んだメニューが名物で、40年以上にわたって多くの学生や地域住民らに親しまれてきた。「お客さんに支えられてきた。感謝しかない」。親子2代で店を切り盛りしてきた男性はそう思いを語る。

ポポロヒロバ店長の加賀さん。両親とともに店を切り盛りしてきた(京都市伏見区深草・ポポロヒロバ)

 ポポロヒロバは、店長を務める加賀雅昭さん(48)の父、故茂治さん(享年74)と母千里さん(74)が1980年にオープンさせた。店名の「ポポロ」はイタリア語で人々の意。多くの客が集まる場になることを願って付けられたという。

■「クララが立った」「はんなりどすえ」…メニュー名もユニーク

 まず驚かされるのがメニューの豊富さだ。40ページもある分厚いメニュー表には、主力のハンバーグやハンバーガー、パフェのほか、カレー、オムライス、韓国チキンなど約400種類がずらり。「これでも少なくなった。多い時は600種類ほどあったかな」と、20代半ばから店で働いてきた加賀さんは苦笑する。

「クララが立った」や「はんなりどすえ」などユニークなネーミングが特徴だ(ポポロヒロバのホームページから)

 メニューの名前も目を引く。例えばパフェには、カシスマカロンやロールケーキなどを載せた「クララが立った」、白玉わらび餅や抹茶が特徴の「はんなりどすえ」、ガトーショコラやかりんとうなどをあしらった「欲望の塊」…。一風変わった命名は、オープン当初からで、加賀さんは「父親に強いこだわりがあった訳ではないと思うけど、エンタメな人で、お客さんに楽しんでもらいたかったのでは」と語る。

 加賀さん自身、気軽に立ち寄ってもらえる「大衆食堂」を心掛けるとともに、時代に合わせたメニューを貪欲に導入してきた。近年は「インスタ映え」を念頭に華やかな盛り付けを意識したり、タピオカが話題になればメニューを増やしたり。3000種類以上の組み合わせからトッピングを選べる「デコパ」パフェや、タワーのような高さのバーガーやパフェなど「メガ盛り」も取り入れた。

「メガ盛り」のパフェやバーガーもある(ポポロヒロバのホームページから)