ダイエット成功と失敗ランキング

ダイエット成功と失敗ランキング

 フィットネスクラブ運営のRIZAP(ライザップ)が初めて実施した「都道府県別ダイエット成功ランキング」の実態調査で、滋賀県が総合部門で1位に輝いた。同社は「滋賀県民は健康面、外見ともにダイエット意識が高い」と調査結果を分析している。京都府は3位だった。

 同社が全国の20~69歳の男女を対象にネットで実施した「ダイエットの成功・失敗に関する調査」(調査数4230人)の結果。「ダイエットをしたことがある」と回答した人に対し、ダイエット後の体重が「ダイエットに成功した(体重を減らしてキープしている)」と答えた人を都道府県別に算出した。

 ダイエット成功率では、男女合わせた総合部門で滋賀県は51・4%でトップ(男性2位、女性8位)。2位は秋田県で51・2%(同1位、同11位)、3位の京都府は47・7%(同4位、同11位)だった。

 滋賀県民はダイエットのきっかけが、「健康のため(自発的に、医者から勧められて)」の割合が高かった。また、「ベスト体重より太った」「洋服を着こなしたい」「今より若く見られたい」といった回答が多く、同社は「健康面に加えて外見に対するこだわりが強く、ダイエットに対するストイックさにより、成功率が高まっていると予想できる」としている。

 県民性を分析しているカウンセラーの木原誠太郎氏は、調査結果から「滋賀県民は倫理観を大切にし、規律を重んじる。決められたダイエットをしっかりこなすのは得意と考えられる。県を挙げて長寿を目指すニュースなども出ており、県全体で規律よく健康に対して取り組んでいると思われる」とみている。

 なお、「ダイエット失敗ランキング」の総合部門1位は山梨県で60・5%で、木原氏は「山梨県民は外向きな性格な方が多い傾向で、ダイエットでも意識はするが、目の前の楽しいことやお誘いを断れず、つい羽目を外してリバウンドする悪循環に陥ってるのかもしれない」とする。2位は愛媛県で50・0%、3位は沖縄県で48・8%と続いている。