【資料写真】滋賀県立大

【資料写真】滋賀県立大

琵琶湖に浮かぶ多景島(滋賀県彦根市)

琵琶湖に浮かぶ多景島(滋賀県彦根市)

 滋賀県立大(彦根市)は20日、環境科学部の女子学生が昨年12月、琵琶湖の実習調査船での研究活動中、誤って機械に手を挟まれ、指2本の一部を欠損する事故があったと発表した。国土交通省の運輸安全委員会と神戸地方海難審判所が調査を継続しているという。

 大学によると、学生は多景島沖の船上で、同学部の准教授や学生ら計7人と、電動のロープ巻き上げ装置を使い、湖中の太陽光を測定する機器を回収していた。作業が難航したため、人力でサポートしたところ、装置とロープの間に指を挟まれた。入院治療を受け、現在は授業に復帰しているという。

 再発防止に向け、大学は作業手順の見直しや安全教育の実施などを進め、「学生にお見舞いを申し上げ、事故を教訓に、大学全体の施設や機器の安全管理・運用面の点検を早急に行う」としている。