滋賀県警近江八幡署

滋賀県警近江八幡署

 4日午前9時25分ごろ、近江八幡市宮内町の山中で、うつぶせに倒れた男性の遺体を、草刈り中の森林組合員の男性(60)が見つけて110番した。

 近江八幡署によると、男性は30~50代で、身長は約170センチ。体格は中肉で、紺色のTシャツと黒色のズボンを着用していた。目立った外傷はなく、死後まもないとみられる。