一部で不具合が続いている滋賀県ホームページの画面

一部で不具合が続いている滋賀県ホームページの画面

 滋賀県議会の無所属会派「さざなみ倶楽部」は4日、三日月大造知事との政策協議会で、県のホームページ(HP)の一部が閲覧できない不具合が続いている問題について県の対応の遅れを厳しく批判した。

 不具合は3月末に実施したHPの全面リニューアルで生じた。月内の復旧に向け、県職員が旧HPのデータを移している現状を踏まえ、木沢成人県議は委託業者との契約に関して「最終的に出来上がったHPを十分に精査しないまま受け取ったのか」と県の不手際を指摘した。県は3日付でおわび文をHPに掲載したが、「もっと早ければ、(県民の)心証はだいぶ違った」と苦言を呈した。

 駒井千代県議はデータ移行作業が県職員の負担になっていると問題視した。

 三日月知事は契約は妥当だったとした上で「一日も早く改善したい」と述べた。