滋賀県庁(大津市)

滋賀県庁(大津市)

 滋賀県は5日、採石現場で災害対策などを担う国家資格「採石業務管理者」の試験手数料の設定に誤りがあった、と発表した。各種手数料に関する県条例は県議会で3月に可決されたが、国の政令に基づき定めなければならない試験手数料を県が勝手に決めていた。県は修正した条例改正案を6月定例会議に提出する。

 消費税率10%への引き上げに合わせ、県は試験手数料を現行の8千円から8400円に増額する改正条例案を県議会2月定例会議に提出し、可決された。

 国が4月、試験手数料を全国一律8100円とする通知を出したことで設定の誤りが発覚した。担当者が県独自に算定できると誤認していたという。本年度の国家資格試験は10月に予定されており、誤徴収は生じていない。