清水寺で「光復香港」と書かれた絵馬に線が引かれたり、「×印」が書かれたりした絵馬(京都市東山区、提供写真)

清水寺で「光復香港」と書かれた絵馬に線が引かれたり、「×印」が書かれたりした絵馬(京都市東山区、提供写真)

「光復香港」などと書かれた絵馬に「×印」が書かれている(提供写真)

「光復香港」などと書かれた絵馬に「×印」が書かれている(提供写真)

「×印」が書かれた上に「香港は永遠に中国のもの」と書き加えられた絵馬(提供写真)

「×印」が書かれた上に「香港は永遠に中国のもの」と書き加えられた絵馬(提供写真)

日本語で書かれた絵馬にも「×印」が書かれた上に「香港は中国のもの」「中国頑張れ」などと書かれていたが、さらにその文言にも線が引かれている(提供写真)

日本語で書かれた絵馬にも「×印」が書かれた上に「香港は中国のもの」「中国頑張れ」などと書かれていたが、さらにその文言にも線が引かれている(提供写真)

 「逃亡犯条例」改正案を発端とした抗議活動が香港で続く中、「香港復活」などを意味する文言を書いた絵馬が、京都や奈良、大阪の寺社に奉納された後、取り外されたり、落書きされたりする被害が相次いでいることが20日までに分かった。


 京都市東山区の清水寺では今月中旬、境内西側の随求[ずいぐ]堂前に掛けられた絵馬に落書きなどがされているのを職員が確認したという。ツイッターでは、香港の抗議活動を応援するために納めたとみられる絵馬の「光復香港」という文言に線が引かれたり、「×印」が書かれたりした写真が取り上げられている。
 また、京都市内の有名神社では9月中旬、香港人参拝者が奉納したとみられる絵馬が、境内の一角に埋められる騒動もあった。別の神社でも、香港について書かれた絵馬に「×印」が付けられる被害があった。
 奈良市の春日大社では10月中旬、神職がインターネット上で落書きされた同大社の絵馬が公開されているのを発見。境内南側の南門近くの絵馬掛け所で当該の絵馬があるのを確認した。同大社はすぐに、その絵馬を燃やして清める「おたき上げ」を行ったという。
 大阪市の豊國神社でも今月10日、香港について書かれた絵馬が割られ、本殿そばの地面に捨てられているのを神職が発見した。このため、境内に日本語と英語、中国語で「他の方が書いた絵馬に落書きやいたずらはしないでください」という注意書きを掲示した。
 春日大社は「絵馬は個人の祈願を神様に向かい納めるもので、神職でさえ見ることははばかられる。ましてや他人が絵馬に手を加えるとは考えられない」としている。