J1京都サンガFCの一員として奮闘しているのは、選手だけではない。さまざまな形でチームを支え、応援する人たちを紹介する。ポルトガル語で用具係を意味する「ホペイロ」として日本人の草分け的存在が、松浦紀典さん(51)だ。スパイクの管理などで足元からチームを支える。

 Jリーグ開幕の…