京都府八幡市教育委員会は6日までに、市内の小中学校2校で、給食の中から金属片とみられる異物が見つかった、と発表した。健康被害の報告はないという。

 市教委によると、5日の昼食で、男山第三中で提供された米飯の中に長さ1センチ、太さ0・2ミリ程度の異物があるのを配膳していた2年の生徒が見つけた。さくら小でも、豚肉の炒め物を食べた5年の児童が同程度の大きさの異物があったと担任に伝えたという。

 同中の給食は近くの中央小で、さくら小は自校で調理していた。混入した経路や同時に発生した要因は不明で、市教委は点検を徹底するとともに、異物を検査し、原因究明を進めるという。