試験点灯で幻想的に照らし出されたアジサイ(6日午後7時13分、京都府宇治市莵道・三室戸寺)

試験点灯で幻想的に照らし出されたアジサイ(6日午後7時13分、京都府宇治市莵道・三室戸寺)

 「花の寺」として知られる京都府宇治市莵道の三室戸寺で6日、アジサイ園のライトアップを前に試験点灯があった。青や紫などの鮮やかな花が宵闇に浮かび上がった。

 30年前に整備したアジサイ園には約50種1万株が植わっている。ライトアップでは、照明器具約70基とあんどん約100基で花を照らし出す。

 今年は雨が少なく気温が高かったため、例年より色づくのが数日遅く、今月下旬までが見頃という。近年は、SNS(会員制交流サイト)で知った外国人旅行客が多く訪れるという。

 伊丹光恭住職(76)は「色とりどりのアジサイを堪能してほしい」と話している。

 ライトアップは8~23日の土、日曜午後7~9時(受け付けは午後8時半まで)。日中の開園は7月7日まで毎日行われる(受け付けは午後4時まで)。拝観料が必要。