バラの花を見ながら散策を楽しむ来園者たち(大津市柳が崎・びわ湖大津館イングリッシュガーデン)

バラの花を見ながら散策を楽しむ来園者たち(大津市柳が崎・びわ湖大津館イングリッシュガーデン)

 大津市柳が崎のびわ湖大津館イングリッシュガーデンでバラが見頃となり、来園者が湖畔に咲き誇る彩りを楽しんでいる。

 約300種、3千株のバラが植えられ、敷地奥の西洋式東屋「ガゼボ」までの道を華やかに演出している。ピンクで大ぶりのクイーンエリザベスや黄色のまだらが交ざったカミーユピサロなどが甘い香りを放っている。

 池にはスイレンの花も咲き、来園者は庭園を散策しながら、色とりどりの花々を堪能している。娘2人と愛犬とともに訪れた大津市の主婦曽我佳代子さん(52)は「犬と一緒に散歩し、きれいな花を見れた」と満足そうに話した。

 9日までは春のローズフェスタが行われ、入り口前の特設ブースでバラの花苗や園芸資材を販売するほか、土・日曜日にはスタッフによるガーデンツアーも行う。入園は有料。