JR西日本が来春に運行を始める長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」のイメージ

JR西日本が来春に運行を始める長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」のイメージ

寝転がれる座席のイメージ(JR西日本提供)

寝転がれる座席のイメージ(JR西日本提供)

グリーン車の個室(JR西日本提供)

グリーン車の個室(JR西日本提供)

 JR西日本は20日、新たな観光列車「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」の運行区間を発表した。来年5月8日から、京都駅を夜に出発して翌朝に出雲市駅に到着する夜行特急として運行を開始し、季節ごとに目的地を変える。

 家族連れや女性、訪日客など幅広い層が気軽に鉄道旅行を楽しめる列車を目指す。既存の電車を改造した6両編成で、車両ごとに座席や内装を変え、上下2段の寝転がれる座席や家族でくつろげる個室などを備える。

 5月8日から9月までは、下りは午後9時ごろ京都駅を出発し大阪駅や姫路駅、米子駅などに停車しながら翌朝午前9時半ごろ出雲市駅着、上りは午後4時ごろ出雲市駅を出発し翌朝午前6時ごろ大阪駅に到着するダイヤで週2往復程度運行する。長時間停車する駅では地元の特産品の販売や伝統芸能の披露も検討する。

 運賃と特急料金を合わせ京都―出雲市の片道大人1人1万640円。グリーン車や個室は別料金。10月から2021年3月までは日中に大阪と下関を結ぶ。