京都市は、企業立地を支援する補助制度の2018年度上期分として8社を指定した。固定資産税などを5年分補助する「企業立地促進制度」の対象は4社、オスカー認定企業などが対象の「京都型グローバル・ニッチ・トップ企業育成補助金」は4社を指定した。2003年度以降の累計は157社となった。

 補助対象と概要は以下の通り。

 【企業立地促進制度】ユアサ化成(中京区)=樹脂ベルト製造・加工の拠点を南区に整備▽金山精機製作所(山科区)=新本社を山科区に開設▽片岡製作所(南区)=南区に新工場を開設▽メカテック(向日市)=伏見区の第2工場隣接地に工場を開設し、本社を移転

 【京都型グローバル・ニッチ・トップ企業育成補助金】NKE(長岡京市)=伏見区の工場内に新社屋を建設し、本社機能、生産、開発機能を集約▽アラキ工務店(右京区)=本社工場の隣接地に新工場を建設▽ミヤコテック(伏見区)=伏見区の本社工場向かいに新工場棟を建設し、拠点集約▽青木光悦堂(山科区)=山科区内に新工場を確保し、菓子宅配事業を拡大