初めて誕生した「ウッティー2世」(宇治市宇治・市観光センター)

初めて誕生した「ウッティー2世」(宇治市宇治・市観光センター)

 人工ふ化で生まれた「宇治川の鵜飼」のウミウ、「ウッティー」が産んだ卵が8日午前、初めてかえった。京都府宇治市宇治の市観光センターでは、「ウッティー2世」の誕生に、見守った鵜匠らから喜びの声が上がった。

 2014年に国内初の人工ふ化に成功したウッティー1号のひな。7日午後5時ごろ、ひなが内側から殻を割ろうとひびを入れる「ハシウチ」を確認。8日午前10時すぎからひびが大きくなり、11時45分ごろにかえった。

 体長約11センチ、体重32・0グラム。これまで人工ふ化で生まれたウと比べて小ぶりという。

 沢木万理子鵜匠は「(母鳥の)ウッティー1号に似て細面。小さいけど、元気に生まれてくれて感動している。娘もよく頑張ってくれた。ついにおばあちゃんになってしまいました」と笑顔を見せた。