京田辺市役所

京田辺市役所

 京都府京田辺市は8日、今年4月に改正施行した市国民健康保険税条例に誤りがあることが判明したと発表した。一部の未就学児の均等割軽減額を、正しい金額より100円多く減額するよう記載していた。対象者は8日現在で計50人(36世帯)で、徴収の不足分は計5千円となる見込み。

 国保税が7割軽減される低所得世帯の未就学児に対する軽減額について、本来「1450円」と改正すべきところを「1550円」と誤って改正していた。市国保医療課は「確認不足で本当に申し訳ない」としている。訂正した条例改正案を市議会6月定例会に追加提案する。対象の世帯には100~200円増額の不利益変更となるため、正しい軽減額による徴収は来年度分からとする。