競泳の京都選手権は8日、京都アクアリーナで開幕し、女子100メートル背泳ぎは又木愛紗(日体大、京都外大西高出)が1分2秒91の大会新記録で制した。同100メートル平泳ぎは中学3年の鍵本彩夏(アイエム舞鶴)が、ロンドンとリオデジャネイロの2大会連続で五輪に出場した高橋美帆(ミキハウス、京都外大西高―日体大院出)に競り勝ち、1分10秒20で優勝した。大会は9日も行われ、9月の茨城国体の京都府代表選考会を兼ねている。