大宮-サンガ 前半、相手FWと競り合う安藤(左)

大宮-サンガ 前半、相手FWと競り合う安藤(左)

 サッカーのJ2は8日、NACK5スタジアム大宮ほかで7試合を行い、京都サンガFCは1―3で大宮との上位対決に敗れた。7試合ぶりの黒星となり、勝ち点29で暫定5位に後退した。

 サンガは、大宮のプレスに苦しんでパスがつながらず、前半12分に先制点を許した。25分に仙頭が同点ゴールを決めたが、39分に河面(京田辺市出身)のミドルシュートで再び勝ち越された。後半17分にはカウンターから、デルガドに3点目を奪われた。

 首位山形は甲府との上位対決を2―2で引き分けた。勝ち点は山形が33で甲府が30。大宮は勝ち点を31に伸ばし暫定2位となった。