団体決勝 鳥羽―日吉ケ丘 力強い取り組みで快勝した鳥羽の小林(左)=京都市武道センター

団体決勝 鳥羽―日吉ケ丘 力強い取り組みで快勝した鳥羽の小林(左)=京都市武道センター

 インターハイの京都府予選は8日、京都市武道センターなどで行われ、相撲団体は鳥羽が日吉ケ丘を4-1で破り、3年連続の本大会出場を決めた。個人は日吉ケ丘の荒木彪太郎(2年)が制した。

 ハンドボールは準決勝が行われ、男子は洛北と北嵯峨、女子は洛北と大谷が決勝に進んだ。