河川敷に転落した車を調べる城陽署員ら(6日午後2時半、城陽市水主)

河川敷に転落した車を調べる城陽署員ら(6日午後2時半、城陽市水主)

 6日午後0時10分ごろ、京都府城陽市水主の木津川右岸で、城陽市の男性会社員(23)の乗用車が道路から約5メートル下の河川敷に転落。車の屋根の上に2人が乗っていて、そのうち、宇治市の男性(23)が車の下敷きになり、頭などを強く打って死亡した。ほかに助手席の会社員男性(24)が軽傷。
 京都府警城陽署によると、男性らは友人グループ約20人でバーベキューをしていた。車は河川敷から堤防へ向かう上り坂を走行中で、車内にも4人が乗っていた。屋根の上の2人は前後に乗っていて、前の男性は座って両手でルーフキャリアーをつかんでいたが、後ろの男性がどのように乗っていたのか不明という。同署の調べに対し、男性会社員は「バーベキューでは酒も出ていた」などと話しており、呼気から酒気帯び運転の基準値未満のアルコールを検出した。食事をしていたメンバーの6人で車に乗っていたとみて調べている。