「平安幻想」をテーマに繰り広げられた「ファッションカンタータ」のフィナーレ(京都市下京区・京都劇場)

「平安幻想」をテーマに繰り広げられた「ファッションカンタータ」のフィナーレ(京都市下京区・京都劇場)

 和装の伝統と最先端の洋装の美が競演する「ファッションカンタータ」が8日、京都市下京区の京都劇場で開かれた。「平安幻想」をテーマに繰り広げられるショーを、招待客約3200人が楽しんだ。

 京都で活動する染織作家4人と1団体が、「陰陽」「鬼」「仮名」など、平安京とその時代を想起させる文化や精神性を、友禅やろうけつ染めで表現した着物25点を発表。洋装ブランド「マーク ジェイコブス」の最新コレクションとともに披露した。

 女優の栗山千明さんもモデルを務めたほか、歌手の平原綾香さんもステージに上がり、着物姿で代表曲「ジュピター」を歌い、客席から大きな拍手を浴びた。

 和装団体などで構成する開催委員会と京都商工会議所の主催で、今回で27回目。