京都府内外35店舗の宇治茶カフェを掲載したガイドブック

京都府内外35店舗の宇治茶カフェを掲載したガイドブック

 京都府茶業会議所や府山城広域振興局などでつくる「宇治茶の郷(さと)づくり協議会」(宇治市宇治)は、良質な宇治茶が飲める店を紹介する「宇治茶カフェガイドブック」の新装版を作った。新規4店舗を含め府内と東京の35店舗を掲載している。

 同協議会は、3種類以上の宇治茶メニューを用意し、宇治茶の入れ方や歴史を説明できるといった条件を満たす店舗を「宇治茶カフェ」と認定している。

 新装版では、今年認定された「祇園 北川半兵衞」(京都市東山区)、「お茶の郷 木谷山」(宇治田原町岩山)、「宗円交遊庵やんたん」(同町湯屋谷)、「d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN」(和束町釜塚)を新たに掲載した。

 各店舗のメニューや店内、スタッフの写真やコメントを交えて紹介し、茶葉や茶器購入の可否なども説明。訪日客が理解できるよう、英語版ホームページがある店のQRコードも載せた。

 A4判23ページ。2万部発行し、各店舗や京都駅ビル2階の京都総合観光案内所「京なび」などで無料配布している。府ホームページやSNSでも見られる。