地域に華やぎを与えているアジサイ(南丹市日吉町木住)

地域に華やぎを与えているアジサイ(南丹市日吉町木住)

南丹市

南丹市

 京都府南丹市日吉町木住の通称「アジサイロード」で、アジサイが咲き始めた。梅雨の雨が、青や赤の色味をより鮮やかにしている。

 地域に華やぎを与えようと、住民らが30年ほど前に植栽し、枝を切るなど、管理を続けている。

 約1キロにわたって約200株のアジサイが並び、毎年道行くドライバーらの目を楽しませている。

 今年は雨が少なかった影響で、例年よりやや遅い6月中旬から咲き始めたという。地元の湯浅平一さんは「アジサイは雨と仲がよいので、雨が降った方がきれいな色が出る。楽しんで見てもらえたら」としている。見頃は6月末までという。