作者とされる伊勢は『古今集』を代表する歌人の一人であり、宇多天皇やその皇子敦慶(あつよし)親王らと結ばれ、恋多き女性としても有名であった。…