滋賀県警本部

滋賀県警本部

 滋賀県警と大阪府警の共同捜査班は20日、詐欺と窃盗の疑いで、ともに中国籍で大阪市に住む無職の男(51)と会社員の男(23)の2人を逮捕した。

 逮捕容疑は、仲間と共謀し、5月2日、大津市の女性(83)宅に百貨店店員や警察官を装って電話をかけ、「カードが不正利用されている。回収に行くので自宅のポストに入れてほしい」などとうそを言ってキャッシュカード2枚をだまし取り、同市の金融機関の現金自動預払機(ATM)から100万円を引き出した疑い。

 県警捜査2課によると、2人は現金の回収役とみられ、会社員の男の自宅からは現金約3千万円が見つかったという。