寺の境内や周囲に咲き誇るアジサイ(京都府福知山市観音寺・観音寺)

寺の境内や周囲に咲き誇るアジサイ(京都府福知山市観音寺・観音寺)

京都府福知山市

京都府福知山市

 京都府福知山市観音寺の観音寺で、紫やピンクなど色とりどりのアジサイが見頃を迎えている。拝観者は境内を散策し、約100種1万株が咲き誇る景観をゆったり楽しんでいる。

 先代住職が檀家や地域住民と1961年に植えたのが始まりで、後を継いだ小籔実英住職(70)が30年以上かけて10倍ほどに増やしてきた。「丹波あじさい寺」とも呼ばれ、小籔住職は「色のバランスを考え、映える場所も作った」と話す。

 約千平方メートルの境内には、青色のブルースカイや赤色のクレナイヤマアジサイなど珍しい品種も多く、花びらを浮かべた手水所(ちょうずどころ)や、本坊のガラスに反射した光景が人気の撮影ポイントになっている。

 新型コロナウイルスの感染が落ち着き、今年は拝観者が多いという。兵庫県朝来市から訪れた男性(70)は「今年だけで3回来た。花の写真を撮るのはコロナ禍の癒やしだ」とほほ笑んだ。

 見頃は7月初旬まで。参拝時間は午前9時~午後4時で、拝観料が必要。