JR京都駅中央口のビル壁面に設置された吉田初三郎の「京都図絵」。写真撮影や待ち合わせの新スポットとして注目を集めそうだ(京都市下京区)

JR京都駅中央口のビル壁面に設置された吉田初三郎の「京都図絵」。写真撮影や待ち合わせの新スポットとして注目を集めそうだ(京都市下京区)

 JR京都駅(京都市下京区)中央口のビル壁面に、大正から昭和にかけて活躍した京都生まれの絵師、吉田初三郎の「京都図絵」が設置された。昭和初期の京の町並みを俯瞰(ふかん)した作品で、寺社や名所などが詳細かつ大胆に描かれている。図絵の近くには、同市在住の書家川尾朋子さんによる書「京都」も掲げられ、写真スポットや待ち合わせ場所として注目を集めそうだ。

 「大正の広重」と称された吉田は、国内外で数多くの鳥瞰(ちょうかん)図を手掛け、鉄道網の発達と軌を一にした観光ブームを支えた。
 図絵は1928年、昭和天皇の即位大礼を記念した「京都大博覧会」の観光案内に掲載された。京都駅北側に広がる碁盤目状の町並みを見下ろす構図で、主要な寺社や周囲の山々、鉄道や路面電車の姿も確認できる。吉田の特徴である強調や大胆な構図も健在で、岡崎公園や千本丸太町など博覧会会場はひときわ巨大に、図絵周辺部には吉田の好んだ富士山や、遠く北海道まで描き込まれている。
 JR西日本によると、同駅中央口付近は多くの人が往来する「一等地」ながら、ここの壁面には何も展示物はなく、活用が課題だった。今夏、国際日本文化研究センター(同市西京区)の石川肇助教が、日文研所蔵のコレクションから京都図絵を提案。石川助教は「京都出身の吉田による地図で、京都駅から市内を一望できる。象徴的で、これ以上ないおもてなしになると思った」と話す。図絵は「KYOTO STATION」の字を含めて横約3・2メートル、縦約1・4メートルに引き伸ばして設置した。
 図絵と左右対称になる形で、中央口東側の壁面を飾るのが、川尾さんの墨書「京都」だ。川尾さんは、17年の京都駅開業140周年式典で書道パフォーマンスを披露した縁もあり、今回の展示につながった。
 設置場所では早速、「京都」を背景にした写真を会員制交流サイト(SNS)で発信したり、図絵をじっくり眺めたりする人の姿も。同社は「昔の人と同じように、京都に来た実感や、駅を起点に旅が始まるわくわくを抱くきっかけになれば」と期待する。両作品の展示は来年3月末までの予定。