【資料写真】近江鉄道本社

【資料写真】近江鉄道本社

近江鉄道の電車と車が衝突した事故現場(22日午後、甲賀市水口町)=画像の一部を加工しています

近江鉄道の電車と車が衝突した事故現場(22日午後、甲賀市水口町)=画像の一部を加工しています

近江鉄道の電車と車が衝突した事故現場(22日午後、甲賀市水口町)=画像の一部を加工しています

近江鉄道の電車と車が衝突した事故現場(22日午後、甲賀市水口町)=画像の一部を加工しています

 22日午後4時40分ごろ、滋賀県甲賀市水口町水口の近江鉄道踏切で、同県湖南市の会社員(32)の乗用車と日野行きの列車が衝突した。列車の乗客約35人と乗用車の運転手にけがなどはなかった。滋賀県警甲賀署によると、乗用車が踏切内で立ち往生したといい、原因を調べている。

 近江鉄道日野―貴生川駅間が約2時間半、運転を見合わせ500人に影響が出た。

 現場は見通しの良い遮断機のある踏切。乗客の甲南高2年の男子生徒(16)=甲賀市水口町=は「横揺れがして、電車が止まったと思ったら車が電車と踏切に挟まっていた。車内で混乱などはなく、みんな壊れた車の動画を撮っていた」と話していた。