ロシアのペスコフ大統領報道官(ロイター=共同)

 ロシアのペスコフ大統領報道官(ロイター=共同)

 ロシアのペスコフ大統領報道官は23日、日ロ関係について「事実上すべての関係が一時的に停止された状態で、最低限のレベルにある」と述べた。ロシア通信が伝えた。

 ペスコフ氏は記者団に対し「日本はわが国に敵対的な姿勢を取っている」と指摘する一方、「非合理的で非建設的な意見が主流だが、(ウクライナでの)出来事を冷静に評価しようとする試みもある」と述べた。

 ロシアのウクライナ侵攻を非難し対ロ制裁を科した日本に対し、ロシア外務省は3月、北方領土問題を含む日本との平和条約締結交渉を中断すると発表。5月には岸田文雄首相ら7閣僚のロシア入国を禁止した。(共同)