海上自衛隊舞鶴地方総監部

海上自衛隊舞鶴地方総監部

舞鶴港に入港した掃海艇「あいしま」(2020年6月)

舞鶴港に入港した掃海艇「あいしま」(2020年6月)

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は24日、京都府舞鶴市の舞鶴基地を母港とする掃海艇「あいしま」が23日夜、硫黄島(東京都)沖で訓練中に掃海母艦「ぶんご」と接触した、と発表した。両艦の乗員に負傷者はなく、自力航行が可能という。

 同総監部によると、あいしまは機雷対応訓練中の23日午後9時20分ごろ、補給支援を担うぶんごに横付けした後、離れる際にぶんごの左舷に接触した。両艦の損傷程度は調査中だが浸水や油の流出はないという。

 あいしま艇長の川畑彰宏1等海尉は「このような事案を起こし、誠に申し訳ない。海上保安庁の調査に全面的に協力していく」とコメントした。