滋賀県で初確認されたタバコノミハムシ(県病害虫防除所)

滋賀県で初確認されたタバコノミハムシ(県病害虫防除所)

 滋賀県病害虫防除所は12日、ナスなどの葉を食べる外来種タバコノミハムシが県内で初めて確認されたと発表した。関係機関を通じて専業農家に注意喚起する。

 タバコノミハムシは米国原産で成虫は体長2ミリ前後。タバコやトマト、ジャガイモなどに食害をもたらすという。同所職員が5月に県内の市民農園で実施した定期調査で見つけ、国の施設に同定を依頼していた。