比叡山の修行の労苦は、「論湿寒貧」の漢字4字で表される。このうち「論」は、論議という口頭試問のための勉強の苦労を意味する。大講堂は論議の中心施設である。

 「比叡山三塔諸堂沿革史」によると、大講堂は、元は戒壇受戒の際の勅使の宿舎として