京都市役所

京都市役所

 京都市は21日、有印私文書偽造・同行使と詐欺の罪で起訴された、すまいまちづくり課職員の男(26)を懲戒免職処分とした。
 被告は9月17日に南区の玩具販売店で、30代の市職員男性のクレジットカードを使い、ゲーム機など9点(約4万4千円相当)を同店からだまし取った疑いで10月に逮捕された後、起訴された。
 市によると、被告は接見で「学生時代から旅行や買い物で借金があった。欲しいものが買えないストレスから逃げ出したかった」と話したという。