日本の植物分類学の父と呼ばれる牧野富太郎(1862~1957年)は40万点もの植物標本を残した。その副産物が標本に使った新聞紙だ。出身の高…