「警察官が人をだますとは思っていなかった」と詐欺被害を振り返る男性(京都市伏見区)

「警察官が人をだますとは思っていなかった」と詐欺被害を振り返る男性(京都市伏見区)

 金融機関から寄せられた特殊詐欺防止の情報を悪用し、高齢男性から現金1110万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた京都府警元巡査長(38)=懲戒免職=に対して、京都地裁(伊藤寿裁判長)は21日、懲役5年(求刑懲役6年)を言い渡した。被害に遭った京都市伏見区の男性(78)が京都新聞社の取材に応じ、実刑判決は「当然」とした上で、「真面目で正直な警察官だと思っていたので、いまだにショックは大きい」と打ち明けた。

 関東地方出身の男性は、中国地方などで土木作業員や清掃員の職を転々とし、約20年前に伏見区で居住を始めた。家族はなく、1人暮らし。「将来のために」と生活を切り詰め、生活保護費の一部も貯蓄し続けた。

 「友達になってあげる」。昨年11月、金融機関で現金を引き出そうとした男性の資産状況を男性から聞き出した被告は、こう言って近づいてきた。男性は「頼れる知人もおらず、ずっと1人で生きてきた。友達ができたと思い、うれしかった」と振り返る。

 被告は、男性が生活保護を受けながら、多額の現金を自宅で保管している点に着目し、「警察で調べる」などと言って現金を手渡すよう求めてだまし取り、大半を外国為替証拠金取引(FX)投資につぎ込んでいた。

 被告から逮捕の直前、被害届の取り下げを懇願されたが、男性は取り合わなかった。「私がどれほどつらい思いをしたか。罪の重さに気付いてほしかった」。これまで被告から謝罪の言葉はないという。「彼にも弱いところがあったのだと思う。今後は犯した罪にしっかり向き合い、更生してほしい。警察には私と同じような被害者が二度と出ないよう教育を徹底してほしい」と願う。

 判決によると、被告は伏見署砂川交番に勤務していた昨年11月、男性が金融機関で高額の現金を引き出そうとした際、金融機関から府警に寄せられた通報で、男性の資産状況を把握。同月10~16日、男性に「お金を警察で預かり、受給について調べます」などとうそを言い、2回に分け、計1110万円を詐取した。