財政難の京都市を立て直すべく1日付で副市長に就任した。総務省出身で「財政のプロ」を自負し、市の行財政改革計画の遂行と成長戦略の実現という重責を担う。「財政再建はあくまで一つの手段。