祇園祭・前祭の山鉾巡行の順番を決めるくじ取り式で、山一番のくじを見せる孟宗山の代表者(2日午前10時36分、京都市・市議会議場)

祇園祭・前祭の山鉾巡行の順番を決めるくじ取り式で、山一番のくじを見せる孟宗山の代表者(2日午前10時36分、京都市・市議会議場)

今年の祇園祭・前祭で、山一番で巡行する「孟宗山」(2019年7月17日、京都市中京区)

今年の祇園祭・前祭で、山一番で巡行する「孟宗山」(2019年7月17日、京都市中京区)

 3年ぶりに行われる祇園祭の山鉾巡行の順番を決める「くじ取り式」が2日、京都市中京区の市議会議場で行われた。順番が決まっている「くじ取らず」の山鉾を除く24基の代表者がくじを引き、17日の前祭(さきまつり)で先頭を進む長刀(なぎなた)鉾に続く「山一番」は7年ぶりに孟宗(もうそう)山、24日の後祭は6年ぶりに浄妙(じょうみょう)山に決まった。

 江戸時代後期に「休み山」となり、今年、196年ぶりに巡行に本格復帰する鷹山は「くじ取らず」で、後祭の10番目に出る。

 くじ取り式は巡行の先陣争いを避けるため、応仁の乱後の1500年に始まった。新型コロナウイルスの影響で2020年は行わず、山鉾町の代表者が八坂神社の四条御旅所(下京区)まで歩いて拝礼した。昨年はくじ取り式を行い、代表者が徒歩で巡行した。

 感染防止のため、去年に続いてくじ取り式の一般観覧はなかった。市役所本庁舎の改修完了に伴い、中止だった20年を挟んで3年ぶりに、本庁舎内にある市議会議場での実施となった。

 今年の巡行順は次の通り(☆は「くじ取らず」)

 【前祭】=17日

 (1)☆長刀鉾(2)孟宗山(3)保昌(ほうしょう)山(4)郭巨(かっきょ)山(5)☆函谷(かんこ)鉾(6)白楽天山(7)四条傘鉾(8)油天神山(9)月鉾(10)蟷螂(とうろう)山(11)山伏山(12)霰(あられ)天神山(13)鶏鉾(14)木賊(とくさ)山(15)綾傘鉾(16)占出(うらで)山(17)菊水鉾(18)芦刈山(19)伯牙(はくが)山(20)太子山(21)☆放下(ほうか)鉾(22)☆岩戸山(23)☆船鉾

 【後祭】=24日

 (1)☆橋弁慶山(2)☆北観音山(3)浄妙山(4)鯉山(5)鈴鹿山(6)☆南観音山(7)役行者(えんのぎょうじゃ)山(8)黒主山(9)八幡山(10)☆鷹山(11)☆大船鉾