出生時と異なる性別を自認するトランスジェンダーら性的少数者への配慮から、選挙で投票所入場券の性別欄を廃止する動きが滋賀県内の自治体で広がっている。7月10日投開票の参院選と知事選では、