彦根地方気象台

彦根地方気象台

 滋賀県の彦根地方気象台は5日夕、大雨に関する気象情報を発表した。5日夜遅くにかけて局地的に雷を伴って強い雨が降る見込みとし、「5日夜遅くにかけては低い土地の浸水や河川の増水に、6日明け方にかけては土砂災害に注意を」と呼び掛けている。

 彦根地方気象台によると、県内では台風4号から変わった温帯低気圧の影響で、引き続き暖かく湿った空気が流れ込むため、局地的に雷雲が発達して大雨になる恐れがある。

 3日午前5時から5日午後4時までの降水量は彦根市128・5ミリ、近江八幡市87・5ミリ、大津市南小松83・0ミリ。

 5日午後6時から予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、北部70ミリ、南部70ミリ。