参院選は選挙区での戦いが目立つが、50議席を巡る比例代表の争いも熱を帯びている。「投票用紙の2枚目には私の名前を」。比例の候補者がそう呼びかけるのは、政党名しか書けない衆院選と違って、参院選は候補者個人の名前を書いてもらえるかが当落に関わるからだ。タレント候補や労働組合出身の候補など顔ぶれはさまざまで、選挙戦も個性的。京都にゆかりがある候補者の姿を追った。