東近江市役所

東近江市役所

京都府選管が用意した参院選比例代表の投票用紙

京都府選管が用意した参院選比例代表の投票用紙

 滋賀県東近江市選挙管理委員会は7日、参院選の期日前投票所で有権者29人に異なる投票用紙を交付したと発表した。

 6日午前8時半~同11時半の間、市湖東支所(池庄町)の投票所で、選挙区と比例代表でそれぞれ逆の投票用紙を交付した。交付する機械に投票用紙を入れ間違えたことが原因という。同日正午に職員が気付いた。今後、職員に確認作業を徹底し、29人に対して謝罪するとしている。

 市選管によると、公職選挙法では1人1票が原則で、異なる用紙での投票は無効となり、再び投票することはできない。