16日午前1時40分ごろ、JR関西本線の笠置駅(京都府笠置町)付近の線路に、異常があると大阪総合指令所がモニターで気付いた。JR西日本が現地で確認したところ、線路に倒木があった。

 このため関西本線は始発から、伊賀上野ー加茂駅間で運転を見合わせていた。直径約20センチの倒木を除去し、午前6時56分に運転を再開した。JR西日本によると、上下4本が運休するなどした。