校名が「京都奏和」に決まった新定時制高の完成予想図(京都市教委提供)

校名が「京都奏和」に決まった新定時制高の完成予想図(京都市教委提供)

 京都市教育委員会は22日、伏見工業高(京都市伏見区)と西京高(中京区)の定時制を統合して2021年4月に伏見区で開校する新定時制高の名前を「京都奏和(そうわ)」に決めたと発表した。
 市教委は7月に校名案を公募し、延べ134件の応募があった。それを基に識者や学校関係者でつくる検討会議が議論し、市教委が校名を正式に決定した。
 校名には不登校の経験や発達障害などがある多様な生徒が和を持って学び、互いの個性を響かせ合い夢に向かって進む校風を奏でてほしいという願いを込めた。校名決定に伴い、高校の設置などについて定める条例の改正案が11月市議会に提出される。
 同高は不登校経験者や特別な支援が必要な生徒のサポートを充実させているのが特徴。自分のペースで学べるよう始業時間が異なる四つの就学コースを用意する。伏見工業高の敷地内に設置され、通学区域は府内全域。普通科のみを設置し、1学年80人程度を受け入れる。