【資料写真】海上保安学校(京都府舞鶴市)

【資料写真】海上保安学校(京都府舞鶴市)

 海上保安庁は22日、保安官を養成する海上保安学校(舞鶴市)の学生採用試験について、受験可能期間を高卒後5年から同12年に拡大する、と発表した。来年10月入学者の試験から適用し、優秀な人材確保と海上保安体制の強化を図る。
 4月入学者の試験は、前年の秋に行われる。高校を18歳で卒業した場合、試験年度の4月1日時点で22歳までの人が受験できるが、29歳までに引き上げる。船舶運航システム課程で実施している秋入学の試験は、高卒後6年から、同13年に改正する。
 尖閣諸島周辺の中国船による領海侵入や大和堆周辺での外国漁船の違法操業への対応など業務が拡大し、人材確保の必要性が増す一方、少子化で受験年齢層の人口が減っている現状から門戸を広げた。同庁総務部は「社会人経験がある人も含め、より多くの人に志望してもらいたい」としている。