男子110メートル障害決勝 近畿高校新で優勝した洛南の藤原(右)=ヤンマースタジアム長居

男子110メートル障害決勝 近畿高校新で優勝した洛南の藤原(右)=ヤンマースタジアム長居

 陸上の全国高校総体近畿地区予選最終日は16日、ヤンマースタジアム長居などで男女計12種目の決勝を行い、男子110メートル障害で藤原孝輝(洛南)が近畿高校新記録の13秒97で初優勝した。1~4位を洛南と乙訓勢が占めた。女子100メートル障害は古西清乃(京都橘)が大会新の13秒64で制した。

 女子3000メートルは村松灯(立命館宇治)が優勝。男子1600メートルリレーは洛南が制した。男子800メートルで斎藤恵斗(甲西)が2位に入った。対校総合得点で男子の洛南が過去最高となる103点で5連覇を飾った。