全日本実業団対抗女子駅伝が24日、宮城県内の6区間42・195キロのコースで行われ、日本郵政グループが2時間15分10秒で3年ぶり2度目の優勝を飾った。2位は5秒差でダイハツ、3位はパナソニックだった。ワコール(一山、谷口、福士、金山、安藤、長谷川)は2時間16分78秒で5位に入り、2年連続で入賞した。