【資料写真】東尋坊(福井県)

【資料写真】東尋坊(福井県)

 滋賀県東近江市の嶋田友輝さん(20)が10月19日に福井県坂井市の東尋坊で遺体で発見され、少年ら7人が逮捕された監禁事件で、滋賀県警捜査1課や少年課などは24日、殺人の疑いで、滋賀県長浜市神照町、とび職上田徳人容疑者(39)や同市のとび職の少年(19)ら計7人を再逮捕した。
 他の逮捕者は、彦根市の無職とアルバイトの少年=いずれも(19)、滋賀県多賀町のとび職少年(17)、大津市の通信制高校の男子生徒2人=いずれも(17)。
 再逮捕容疑は、共謀し、10月18日午後6時ごろ、東尋坊で、嶋田さんに「はよ落ちろや」などと言って高さ約20メートルの崖から飛び降りさせ、頭部打撲による脳挫滅で死亡させた疑い。県警は、7容疑者の認否を明らかにしていない。
 県警によると、7容疑者は10月上旬から嶋田さんを殴るなどの暴行を加えており、複数の容疑者が「発覚を免れるため、自殺に見せかけようとした」という趣旨の供述をしている。7容疑者全員が「取り返しのつかないことをした」などと話している、という。
 県警の説明では、7容疑者は嶋田さんを押すなど直接手をかけておらず、命令で嶋田さんが飛び降りた、という。
 県警は、崖の高さや、東尋坊に向かう車中で「あと1時間の命やからな」と嶋田さんに話していたことなどから、7容疑者に殺意があったと判断した。嶋田さんとは9~10月に知り合った遊び仲間で、複数のトラブルを抱えていた、という。
 県警は、10月18日に嶋田さんを東尋坊へ走る乗用車のトランクに監禁した疑いで、7容疑者を同19日に逮捕した。嶋田さんは同日早朝、東尋坊の海で遺体で見つかった。