アメフト全日本大学選手権は24日、万博記念競技場で西日本代表決定トーナメント準決勝が行われ、関学大(関西2位)が26―7で神戸大(関西3位)を倒した。関学大は、関西学生リーグを1位通過している立命大と西日本代表校決定戦(12月1日・同競技場)で対戦することが決まった。立命大が18―7で快勝したリーグ最終戦に続く再戦。この勝者が全日本大学選手権決勝の甲子園ボウル(同15日・甲子園球場)に進む。