京都府警木津署(京都府木津川市)

京都府警木津署(京都府木津川市)

 同居の母親を複数回殴って死なせたとして、京都府警捜査1課と木津署は18日、傷害致死の疑いで、木津川市加茂町森上垣外、長男(59)を逮捕した。「暴力を振るって死なせたことに間違いないが、殴ったのは1回だけ」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は1月24日~2月3日の間、自宅などで母親(84)の頭や顔を多数回殴ってけがを負わせ、出血性ショックで死なせた疑い。

 府警によると、3日午後4時50分ごろ、自宅前で、ぐったりしている母親を車に乗せようとしている長男を近隣住民が見かけ、119番した。母親は病院に搬送されたが、4日昼に死亡した。

 府警の説明では、長男と母親は2人暮らし。近隣住民は通報前、長男から「母が庭で転倒した。病院に運ぶのを手伝ってほしい」と言われたという。母親は足腰が悪く介護サービスを利用していたが、事件当時は自力歩行が可能だったという。