鮮やかな紅葉の背景に浮かび上がる星の光跡(21日、京都市左京区・花背山の家)=10秒露光の画像643枚を合成)

鮮やかな紅葉の背景に浮かび上がる星の光跡(21日、京都市左京区・花背山の家)=10秒露光の画像643枚を合成)

 深紅に染まった紅葉の背景で、無数の星々が広がる。気温3度と冷え込む野外活動施設「花背山の家」(京都市左京区)で、日没から東の空に向けてシャッターを切り続けた。撮影した643枚を合成すると、夜空に何本もの星の光跡が浮かび上がった。

 京都市中心部から峠を越え、車で1時間ほど。撮影日は雲一つ無い快晴で、オリオン座のほか、市街地では見ることができないような小さな星々まで目に飛び込んできた。

 シカの鳴き声も聞こえてくる暗闇の中に、カメラのシャッター音が響き渡る。夜が更けるほどに、露でカメラがしっとりとぬれ始めた。曇ったレンズを拭くなどカメラを気遣いながらとなったが、壮大な天体ショーと紅葉の共演に見入った。

 静寂の中、夜ごとに秋が深まっていく。

 ◇    ◇

 秋色に染まる京都の街で、さまざまに響く音の風景をカメラを手に探した。