母親の背中に乗るクジャクの赤ちゃん(京都市右京区・自然幼稚園)

母親の背中に乗るクジャクの赤ちゃん(京都市右京区・自然幼稚園)

3羽で仲良くよちよちと歩くクジャクの赤ちゃん(京都市右京区・自然幼稚園)

3羽で仲良くよちよちと歩くクジャクの赤ちゃん(京都市右京区・自然幼稚園)

 京都市右京区の自然幼稚園でクジャクの赤ちゃんが3羽誕生した。母親についてよちよちと歩くかわいらしい姿に、園児たちが目を細めて見入っている。

 同園は、40年以上前からクジャクを飼っており、シンボル的存在だったが、2010年の園舎改築を機に飼育を中断していた。再び飼おうと、保護者らが昨年度に小屋を整備。今年3月つがいが戻り、早速5月上旬に卵を産んだという。

 6月上旬に3羽がかえり、ひなが母親の動きに合わせて元気に歩き回ったり、小さな羽を広げて母親の背中に乗ったりしている。親に甘える愛らしい姿に、園児たちは夢中になっていた。

 同園の女児(5)は「お母さんと一緒にいるのがうれしそうで、とってもかわいい」と笑顔だった。